My best choice of miraculous world!
Top

 ●Twitter ●myみん検
 ●My roots ●読んだ4!
 ●ブクログ

カテゴリ
音楽よもやま
じゃあ、読もう。
オーケストラよもやま
ホールよもやま
オペラよもやま
チーズよもやま
武満徹よもやま
ウディ・アレンよもやま
つれづれによもやま
ARTよもやま
PMFよもやま
デジタルよもやま
Rock&POPSよもやま
JAZZよもやま
Japaneseよもやま
ベルクよもやま
KOREAよもやま
お宝よもやま
以前の記事
Links
PMF
mapion代々木周辺
Yahoo transit
Area Guide
参宮橋ガイド
代々木上原BLOG

My Favorite LINKS

■Symphony ■Orchestra
N響 | 都響東響 |
東フィル日フィル |
読響 | 新日フィル |
シティフィル |
ニューシティO |
神奈川フィル | 群響 |
札響 | 山響 |
仙台フィル | OEK |
NP千葉 |
アマオケ=フロイデ |
■Hall
オペラシティ(初台)
新国立劇場(初台)
NHK Hall(渋谷)
オーチャードHall(渋谷)
Hakuju Hall(富ヶ谷)
MUSICASA(代々木上原)
新宿文化C(新宿)
サントリーHall(六本木)
すみだトリフォニーH(錦糸町)
東京文化会館(上野)
東京芸術劇場(池袋)
トッパン Hall(文京区水道)
フィリア Hall(青葉台)
文京シビックHall(後楽園)
ティアラこうとう(住吉)
東京国際フォーラム(有楽町)
昭和女子大人見記念講堂(三軒茶屋)
みなとみらい Hall(横浜)
シンフォニーヒルズ(葛飾)
王子Hall(銀座)
紀尾井Hall(紀尾井)
浜離宮朝日Hall(築地)
北とぴあ(王子)
第一生命ホール(勝どき橋)
中野ZERO(中野)
目黒パーシモンHall(都立大学駅)
松本記念館(世田谷)
ミューザKawasaki(川崎)
杉並公会堂(杉並)
神奈川県民ホール(日本大通駅)
神奈川県立音楽堂(桜木町)
キタラ(札幌)
びわ湖ホール(滋賀県大津)
石川県立音楽堂(金沢)
ザ・シンフォニーホール(大阪)
Music    Infomation
コンサートガイド |
チケットぴあ
All About [クラシック]|

Jazz Live Spot
ピットイン(新宿)|
シグナス(銀座)|
アケタの店(西荻窪)|

その他
二期会 |
歌舞伎座 |
日本芸術文化振興会 |
goo 映画<渋谷> |
<新宿> |

お仲間blog
ロ-ドレ-シャ-に乗りたい!
「だがっき」と「おと」の庵
バイオリン弾き語り
おもろいかみさま
onsentomato

未来検索Livedoor
タグ:歌舞伎 ( 6 ) タグの人気記事    
忠臣蔵、通しで    
今日は、歌舞伎座11月公演の千秋楽。

昼の部の朝から並びました。
ちょっと出遅れたので、心配しましたが、すわれました。
さすがに、千秋楽。
幕見の立ち見も多かった。

大序」では人形が、役者の紹介をするわけですが、
ご贔屓の役者には大きな拍手が鳴って、わくわくします。

ちなみに、昼の部の由良之助は、幸四郎で、夜は仁左衛門。
紹介の方も、△段目と△段目の「××」っていうことになります。
昼、夜の役者とその役の紹介なので、結構、時間がかかります。

師直、塩冶判官、若狭之助、顔与御前とそろったところで、
本筋のベースとなる人間関係が展開されていきます。

そういう意味で、通し狂言は、全体像がよくわかるのですが、
特に、自分としては三段目の「足利門前進物の場」から、
松の間刃傷の場」に及ぶ加古川本蔵の役どころがよくわかりました。

塩冶を後ろから抱きとめて、師直を逃がすことになってしまった加古川本蔵の立場は、
若狭之助に仕える家老で、師直に進物をして、
若狭之助と師直のバトルを回避する策略をしていた
というあたりは、現代にも通じるものがあります。

う~ん、こういうのは、日本人っぽいんですかね。
昔も今も、よく似ている感じがします。
賄賂をもらって、師直の態度ががらっと変わり、
そのとばっちりを受けた塩冶判官が、いい迷惑。

それにしても、露骨ないびり方をする師直。
あまりにも露骨で、まるでテレビドラマみたい。

お軽と勘平のストーリーの裏には、本蔵の娘と力弥のストーリーもあり、
本筋に対して、横筋もよく見えてきた気がしました。

道行旅路の花聟」では、お軽に横恋慕する鷲坂判内という役どころもありました。

さて、夜の部は、
五段目、「山崎街道鉄砲渡しの場」「同二つ玉の場」、
六段目、「与市兵衛内勘平切腹の場」から七段目に続きます。

やはり、この五段目~六段目がクライマックスな感じがしますね。
ストーリー的にも、この辺が一番面白い。

ここに至る背景があって、なおかつ、この結果が後に続いていく・・
婿と舅、武士の女房の扱い(身売りに出すなんて・・)、
義理人情とか勘違いとか、さまざまあって、
連判状に名前を連ねることになったが、ここで果てる勘平。

小道具や細かな仕草で心情を表す菊五郎が、なかなかの見ものでした。

ということで、ここから七段目と続き、討ち入りを経て、引き揚げで締め。

今回の通し狂言で、縦横のストーリーが、よ~く飲み込めました。
[PR]
by yoyogi39 | 2009-11-25 23:27 | Japaneseよもやま
忠臣蔵通し    
b0001316_991730.jpg
歌舞伎座、さよなら公演が続く。

建替えの着工は平成22年5月、再開場は平成25年の春になる予定。

今月は、新橋演舞場も国立劇場もあって、いろいろ楽しめそうだが、
やはり忠臣蔵の通しは、観ておかないと。

ということで、歌舞伎座を選択。

東京に着いて、一直線、京急だと東銀座まで一本なんだなぁ。
すぐに幕見に並んで七段目から観た。

通しの場合は、前の段から観ないとね、 独立してる訳じゃないから。
五、六段目に続いて七段目があると、背景がぐっと迫ってくる感じ。

昨日は七段目から観たので、 これは通しで観なきゃいかん・・と思ったりして。

仁左衛門の大星由良之助、
幸四郎の寺岡平右衛門、
福助のお軽
と、それぞれの味を出している。

他の段ではまた違った演技をしているだろうから、それはまた今日チェック。

十一段目は、見事。
四十六人が並ぶと、壮観!!!

ドラマとか映画でよく観るシーンだが、 舞台上もまるで映画のセットのよう・・
小気味よく展開して、これは圧巻です。

仁左衛門さんのインタビューにもあるように、
討入り後の引揚げの場で、スカっとした爽快感すらあります

まったく、その通り。
最後の幕切れ、ほんとに気持ちよい。
[PR]
by yoyogi39 | 2009-11-25 09:21 | Japaneseよもやま
歌舞伎たいそう    
ジャンクCDを、ちら見したら、「いざやカブかん!」を見つける。
こういうのはすぐ買っちゃいます。

b0001316_975565.jpg2006年に出ていたものだが、知らなかった。

NHK教育テレビ からだであそぼ
のために作られたもの。

プロデュース・出演・台詞 市川染五郎
うた 村治崇光

名台詞が次々出てきて、
歌舞伎好きには、たまらん代物です。
歌舞伎のエッセンスがつまってる。
子ども向けとはいえ、本気で作っているところ、いい!

http://visual.ponycanyon.co.jp/pickup/visual2/pcbk50050/

ちなみに、MCコミヤも流行っていた頃には、あまり知らなくて、
最近ダウンロードで購入。
こういうものに、くすぐられます。
[PR]
by yoyogi39 | 2009-10-10 09:08 | ARTよもやま
吉例顔見世    
b0001316_1334578.jpg
歌舞伎座11月は吉例顔見世ということで、
夜の部は、寺子屋、船弁慶、八重桐廓噺。

寺子屋がかかると、どうしても行きたくなる。
学生時代によく歌舞伎座収録のレコードで聴いていたから、台詞もなじみ深い。

何度か舞台で実際に接するうちに、それぞれの役者の違いも楽しめるようになってきた。
今回は、

菅原伝授手習鑑 寺子屋(てらこや)
 松王丸/仁左衛門   武部源蔵/梅玉  春藤玄蕃/段四郎
 涎くり与太郎/松江 小太郎/玉太郎  菅秀才/千之助
 園生の前/孝太郎   戸浪/魁春   千代/藤十郎
という配役。

登場シーンで具合が悪そうにする松王丸。かなり悪そう。
確かに病気を理由に、暇を願い出るという筋なのだから、杖をついて歩くのがやっと・・
というのもわかる。
演技の中で病気の演技しているという、仁左衛門の演技にも納得。

身代わりパターンは、熊谷陣屋と同様。
「持つべきものは、子ども」とは、いくらなんでも言いすぎでしょう・・と、芝居に抵抗したところで仕方ないが・・。

今回の私の感情のピークは、小太郎の母・千代がわが子の文庫で、武部源蔵の刀を受け止め、南無阿弥陀仏と書かれた経帷子(きょうかたびら)を取り出すシーン。
母の思いがひしひしと伝わる場面で熱くなる。

そもそも、「松はつれない」などと世上の口にかかる悔しさもあろうが、それは、義理人情に左右されること。
そうした父親と対比すれば、母親はそれに抗うこともできない悲しさがある。

船弁慶は、松羽目もの。
能の雰囲気を味わえるのもいいものだ。

八重桐廓噺は、近松門左衛門の伝奇もの。
話はごちゃごちゃしているが、芝居というより「絵」を見ているような楽しさがある。
三種三様で、歌舞伎の魅力を堪能。
[PR]
by yoyogi39 | 2008-11-10 12:35 | Japaneseよもやま
シネマ歌舞伎    
ハイビジョンカメラを駆使し、最新の映像・音響技術を用いて映像化された
シネマ歌舞伎」。

素晴らしい!

感動の源は、当然のことながら、作品の芸術性や役者にある。
演奏者や、舞台を支える多くの人々が演出に磨きをかける。

その舞台に接する感動は計り知れないが、シネマ歌舞伎を目の当たりにして、
舞台の感動をスクリーン上に見事に再現してくれたことに喜びを感じる。

歌舞伎座のざわめきに始まり、花道が開く音が後部から聴こえ、鳴り物の響きは重厚だ。

通常、歌舞伎座での観劇は、4階の幕見、通しで観ても3階席。
花道で踊る姿を間近に、顔の細かな表情までも鑑賞できる。
オペラグラスを使わなくて、要所・要所でアップになる。
雑念を配して観劇に集中できるところは、舞台とは違う、新たな鑑賞方法だろう。

札幌シネマフロンティアにて、「京鹿子娘二人道成寺」を鑑賞。
http://www.shochiku.co.jp/cinemakabuki/dojoji/index.html
梅田ピカデリー、京都と続く上映予定もあるようだ。

玉三郎、菊之助の姿を2度観にいったが、残りの上映中も何度か観たい。

鐘に向かって行く玉三郎が表情が険しく変化していく様は、凄いとしかいいようがない。
二人の表情の微妙な差も見所の一つだ。
[PR]
by yoyogi39 | 2007-03-04 16:20 | Japaneseよもやま
歌舞伎「鳴神」    
b0001316_8502775.jpg
歌舞伎座、行ってきました。

私の場合は、だいたい「幕見」。
日曜日だったので、16時の発売に合わせて、1時間前からすわって並んでました。
席にすわれずに、立ち見の方もいました。

昨年の「寺子屋」の時は、完全に「立ち見」。
おまけに、私のところで、ちょうど最後。
次の方からは、「チケットありません」という状況でした。

さて、「鳴神(なるかみ)」は、好きな芝居です。
歌舞伎の面白さが色々と詰まってます。

白雲坊、黒雲坊の2人の掛け合いの面白さ。
雲の絶間姫の色気。
鳴神上人の破戒坊主ぶり・・・色々と見所あります。

・鳴神上人 三津五郎
・白雲坊   秀 調
・黒雲坊   桂 三
・雲の絶間姫 時 蔵

<あらすじ>
陽成帝の御世・。朝廷に恨みを抱く鳴神上人(三津五郎)は、秘法を遣って三千世界の竜神を北山に流れる大滝の滝壺に封じ込めます。そのため一滴の雨も降らず、日照り続きで、民衆は苦しみに喘ぐ日々を余儀なくされます。朝廷では雲の絶間姫(時蔵)を上人のもとに遣わし、その色香で上人を堕落させ、竜神を天に飛び去らせて雨を降らせようとします。そして…。高僧が美女に籠絡されて破戒の道を辿るという主題で、騙されたと知った鳴神の怒りを豪快な荒事芸で見せるという江戸歌舞伎の大らかさがお正月気分にぴったり。
(歌舞伎座解説より)

歌舞伎座を出ると、ちょうど「雨」。
娘と二人で行ったので、
「雨が降ったのは、しめ縄を切ったからだね」
などと言いながら帰ってきました。
[PR]
by yoyogi39 | 2005-01-23 23:58 | Japaneseよもやま