My best choice of miraculous world!
Top

 ●Twitter ●myみん検
 ●My roots ●読んだ4!
 ●ブクログ

カテゴリ
音楽よもやま
じゃあ、読もう。
オーケストラよもやま
ホールよもやま
オペラよもやま
チーズよもやま
武満徹よもやま
ウディ・アレンよもやま
つれづれによもやま
ARTよもやま
PMFよもやま
デジタルよもやま
Rock&POPSよもやま
JAZZよもやま
Japaneseよもやま
ベルクよもやま
KOREAよもやま
お宝よもやま
以前の記事
Links
PMF
mapion代々木周辺
Yahoo transit
Area Guide
参宮橋ガイド
代々木上原BLOG

My Favorite LINKS

■Symphony ■Orchestra
N響 | 都響東響 |
東フィル日フィル |
読響 | 新日フィル |
シティフィル |
ニューシティO |
神奈川フィル | 群響 |
札響 | 山響 |
仙台フィル | OEK |
NP千葉 |
アマオケ=フロイデ |
■Hall
オペラシティ(初台)
新国立劇場(初台)
NHK Hall(渋谷)
オーチャードHall(渋谷)
Hakuju Hall(富ヶ谷)
MUSICASA(代々木上原)
新宿文化C(新宿)
サントリーHall(六本木)
すみだトリフォニーH(錦糸町)
東京文化会館(上野)
東京芸術劇場(池袋)
トッパン Hall(文京区水道)
フィリア Hall(青葉台)
文京シビックHall(後楽園)
ティアラこうとう(住吉)
東京国際フォーラム(有楽町)
昭和女子大人見記念講堂(三軒茶屋)
みなとみらい Hall(横浜)
シンフォニーヒルズ(葛飾)
王子Hall(銀座)
紀尾井Hall(紀尾井)
浜離宮朝日Hall(築地)
北とぴあ(王子)
第一生命ホール(勝どき橋)
中野ZERO(中野)
目黒パーシモンHall(都立大学駅)
松本記念館(世田谷)
ミューザKawasaki(川崎)
杉並公会堂(杉並)
神奈川県民ホール(日本大通駅)
神奈川県立音楽堂(桜木町)
キタラ(札幌)
びわ湖ホール(滋賀県大津)
石川県立音楽堂(金沢)
ザ・シンフォニーホール(大阪)
Music    Infomation
コンサートガイド |
チケットぴあ
All About [クラシック]|

Jazz Live Spot
ピットイン(新宿)|
シグナス(銀座)|
アケタの店(西荻窪)|

その他
二期会 |
歌舞伎座 |
日本芸術文化振興会 |
goo 映画<渋谷> |
<新宿> |

お仲間blog
ロ-ドレ-シャ-に乗りたい!
「だがっき」と「おと」の庵
バイオリン弾き語り
おもろいかみさま
onsentomato

未来検索Livedoor
カテゴリ:JAZZよもやま( 10 )    
ジャズ同好会    
昨日は、ジャズ同好会の解散式。

私も昔、ジャズ研にいましたが、
同好会といっても、別に演奏する訳ではありません。

3~4人のメンバーで聴きに行くだけのこと。
「ジャズ同好会」というのも、昨晩初めてグループ名がつきました。

琴似のラジレコさんへ。

小樽商業大の学生さんのピアノトリオ。
女性のピアノ、ベース、ドラムが男性。

テクあります。上手いです。

プロとの違いは、グループ感や、タメや、ネバっこさ。

ドライなところもいいのですが、
もっとグイグイ引っ張ってくれると、うれしい。

こういう人たちの演奏を聴くと、こちらも結構、勉強になりますね。

さすが、ラジレコさん。
新人さんの舞台としては、とてもいいです。

ということで、ジャズ同好会、めでたく解散。
[PR]
by yoyogi39 | 2009-03-12 08:31 | JAZZよもやま
ガーシュインさまざま    
今年のグラミー賞、日本時間で2月9日午前に発表。
レッド・ツェッペリンの元ボーカル、ロバート・プラントと、
アメリカのカントリー歌手、アリソン・クラウスのデュエット曲
『プリーズ・リード・ザ・レター』が受賞。
曲はシンプル。ロバート・プラントは、現役バリバリだが、それなりにお年も感じる。

12月のグラミー・ノミネートコンサートでは、クリスティーナ・アギレラ
ニーナ・シモンのトリビュートとして"I Love You Porgy"を歌った。
クリスティーナ・アギレラはニーナ・シモン風の味を出していて、なつかしかった。
私がニーナ・シモンのベツレヘム版のアルバムをよく聴いていたのは30年前。
いわゆる名盤として復刻したもの。
オリジナルのニーナ・シモンのアルバムは1959年なので、ちょうど50年前になる。

1962年にニーナ・シモンが、歌っている姿はYoutubeにあった。
http://www.youtube.com/watch?v=zvq9-sFC6a8
やはり聴きなれたレコードのアレンジがいい。そのうち、レコードを探し出さなくては・・・

クリスティーナ・アギレラの歌も、Youtubeで繰り返し観て聴いている。
http://www.youtube.com/watch?v=1yO4gwzCcoI

今日、ウディ・アレンの「マンハッタン」のレコードをCDに移した。
音としてはレコードの方が好きだが、何百回も聴いているので、デジタル処理してヒスノイズやクリック音を除去すると、また蘇る気がする。
こちらは、1979年のものだから、基本的に音はいい。
「マンハッタン」のサントラは、ラプソディー・イン・ブルーに始まり、ス・ワンダフル、ラヴ・イズ・ヒア・トゥ・ステイなどが、オーケストラやジャズコンボで演奏されていて、ガーシュインの曲をまとめて聴くにもベストのアルバムだ。
メータ指揮のNYフィル。
この音を聴くと、モノクロのニューヨークの風景が頭の中に条件反射的に映し出される。

クアドロマニアの四枚組の「ガーシュイン曲集」は、録音が古く、音もやはり昔の音。
このブログ記事
それでも、1927年のガーシュイン自身がピアノ演奏している「ラプソディー・イン・ブルー」は面白い。録音の古さは、どうしようもないが・・。
クアドロマニアには、ミュージカル映画の音源も入っていて、キリ・テ・カナワが歌うガーシュインのアルバムのオーケストラアレンジのオリジナル版を聴くことができる。
フレッド・アステアの声なども・・・
なんと、フレッド・アステアは1899年生まれだ。
ご本人は1987年に88歳で世を去っているが、音楽は世代を越えて生きている。

ポギーとベス」は、オーチャードホールでニューヨーク引っ越し公演を観ているが、オリジナルのオペラとともに、様々なアレンジで楽しめるのがいい。
ミュージシャンにとっては、名曲の数々は宝の山だ。

アンドレ・プレヴィンのピアノ・トリオによる「ポギーとベス」、サミー・デイビスJr.のアルバムなど、様々なバリエーションのアレンジで楽しめる。

b0001316_331250.jpg歌でいえば、ローズマリー・クルーニー
アイラ・ガーシュイン作品集」。
ジョージ・ガーシュインの兄アイラの作詞した曲を集めたもの。
このアルバムは、私の中のベスト版。
CD化されていないので、最近はレコード音源をデジタル化してよく聴いている。
お酒にぴったりのアルバム。
[PR]
by yoyogi39 | 2009-02-10 03:04 | JAZZよもやま
ジャムジカ&ラジレコ    
1月22日(木)は毎度おなじみの西28丁目『ジャムジカ』。
26月(月)は、琴似の『Radio & Records』 に初めて行ってみました。

ジャムジカは、実力のある方々の演奏を、手堅く聴ける場所。
木曜日は、ベースの柳真也トリオの演奏。
シンプルに、ベース、ピアノ、ドラムスという構成で、じっくり堪能。

グランドピアノとドラムスが常設なので、ここは本格的演奏がいつでも聴けます。
出る人は、はずれなし。
ジャズに浸りたいときは迷わずジャムジカですね。

26日(月)は、ピアノの富樫さんの情報で、西区琴似1条4丁目ニシムラビル3F
Radio & Records』 に足を運びました。
http://www.k3.dion.ne.jp/~radireco/

平日は、ミュージックチャージなしで、ドネーションというシステム。
こういうのも、はっきりしてますね。 演奏次第ですから。
26日の演奏も、素晴らしかった。

ライブスケジュールを確認すると、土曜日は他店でも活躍の方々が出てます。
土曜のチャージは1,500円。
蛇池さん(sax)、板谷さん(p)、柳さん(b)、竹村さん(ds)のSide Walkも出てますね。

ピアノはアップライトですが、地下鉄横のビルの3階からの眺めが素敵で、雰囲気がいい。
席数も割合多く、お酒もおいしいので、ちょっと寄ってみるには、いい場所でした。

26日は、大高さんのベース、富樫さんのピアノ、ゲストにサックスの山鹿さん。
山鹿さんのクラリネットがこれまたすばらしく、酔いました。

また、素敵な場所、発見。
Radio & Records』 いいです。ここ。
[PR]
by yoyogi39 | 2009-01-27 06:42 | JAZZよもやま
上原ひろみさん    
昨年のサッポロシティ・ジャズ、ホワイトロックにも出演の「上原ひろみ」。
とある方のご紹介で、28日(金)の道新ホールのコンサートに行ってきました。
深謝。

道新ホールのロビーからは、ライトアップが始まったテレビ塔が間近に見え、
イルミネーションも見下ろせて、すっかりクリスマスの雰囲気。

事前に、サイトやCDで演奏スタイルなどを予習。
公式サイト → http://www.hiromiuehara.net/

彼女のプログを読むと、ツアーの出来事のほかに、
ステージに対する真摯な姿勢などが伝わってきて、いろいろと関心。

コンサートは、やはり行ってみないことには、わかりません。
演奏を目の当たりにすると、ますますその魅力に心奪われました。

もう、なんか音楽そのものが人生のような・・・

MCはあまり得意ではない・・と書いていましたが、
ステージのコメントには人柄がにじみ出て、彼女の音楽人生そのものを物語っているよう。

繊細でもあり、爆発的なエネルギーもあり・・
特に、「アイ・ガット・リズム」は、聴いていて腰が抜ける・・といいたいほど。
「お~」の連続です。この感覚は、CDで聴いていては、わかりません。

ビヨンド・ザ・スタンダードと題したツアー。
サポートメンバーは、トニー・グレイ(b)、マーティン・ヴァリホラ(ds)、ジョン・シャノン(g)の強力メンバー。
ベースのトクー・グレイ氏は、なんとジョン・マクラフリンの甥だそうで、6弦ベースを操っていました。
かっこいい3人の男たちと、ピアノのバトル。
ピアノの横の赤いNordや、ピアノの上のキーボードから様々な音が飛び出すところも聴きどころ。

スタンダード中心でありながら、既存の曲のイメージを飛び越えていく。
まさに、ビヨンド・ザ・スタンダード!

ドビュッシーの「月の光」なども、理屈を考える暇もなく、素晴らしかった。

弾いているときの表情がいい!
元気が出るピアノ。」というのが2008ツアーのコピーだが、
もちろん、こちらも元気になって、幸せに満ち足りる。

まさに音楽の伝道師。
上原ひろみ
また一人、注目のアーティストが増えた。
[PR]
by yoyogi39 | 2008-11-28 23:34 | JAZZよもやま
クラリネットの音色    
三岸好太郎美術館で行われるコンサート。

何度か足を運んでいますが、いつも盛況です。
11月1日はアートウィークということで、入館料も無料でした。

そもそも、ここでのコンサートは、三岸好太郎の作品に「オーケストラ」というものがあり、新交響楽団(現NHK交響楽団)の演奏風景を描いたものに因んで・・・とのことです。
日比谷公会堂でスケッチをした作品の何点かも館内に展示されています。

さて、11月1日は、いつもと雰囲気を変えて、クラシックとともにJazzも。

クラリネットは、元札幌交響楽団の渡部大三郎さん。
最初にメシアンの「世の終わりのための四重奏曲」から、クラリネットソロ。
テクニックに圧倒されました。
12月に、この曲はキタラでも演奏されますので、全曲通しが楽しみです。

なにしろオーケストラのクラシック奏者ですから、抜群に上手。
ピアニッシモが美しいので、余計にダイナミズムが強調されて、ぐいぐい引き込まれます。
小太鼓との新しい曲の後に、ジャズが演奏されました。

枯葉の出だしには、うっとり。
サマータイム、小さな花、黒いオルフェと続き、美術館の雰囲気にマッチする上質な音楽を堪能。
鈴懸の径、いい日旅立ち、黒い瞳・・と美しい曲ばかりで、プログラミングも絶妙。
メシアンの後のジャズは、体に吸収されやすい(笑)
アンコールはオール・オブ・ミー。

渡部さんはオーケストラを退団した後に、自分の原点はジャズだと思い、楽しみながらジャズを演奏しているとのこと。

いやぁ、ほんとに素晴らしかった。

帰ってきて、ベニー・グッドマン聴いてます。
ウディ・アレンのクラリネット演奏も、聴いてみたい気持ちが強くなります。
ということで、クラリネットがますます好きになりました。
b0001316_16543865.jpg

[PR]
by yoyogi39 | 2008-11-01 16:50 | JAZZよもやま
ジャズシティ札幌    
昨年から始まった札幌シティジャズ。
7月後半から8月にかけて、仮設テントのホワイトロックや市内のあちこちの街角でもジャズの演奏が行われていた。

今年は、クロスホテルで行われていたお昼のライブを何度か鑑賞、PMFのステージでもシティジャズに招待されたjajaを聴いた。

シティジャズが、一過性のお祭りとして終わってしまうのは惜しい。

市内のライブハウスでは、日に日に地元のミュージシャンや時折、遠くのミュージシャンもやってきて、セッションが行われている。

日常的に行われている活動があるからこそ、シティジャズのようなイベントも意義がある。

「ジャズシティ」としての札幌を感じさせてくれるライブに接した。

9月5日(金)のジャムジカ(西28丁目駅前)は、

SideWalk
蛇池雅人(as) 柳真也(b) 板谷大(p) 竹村一哲(dr)

最近の自分の傾向としては、ピアノが板谷さんの日を選んで通っている。

蛇池さん、柳さん、板谷さんの3人は同じ年齢とのこと。
札幌のジャズシーンを牽引する中堅どころ。

ASの蛇池さんご本人から、いただいたスケジュールに出ていたWebは、
http://www.jaike.net/

さて、Drsの竹村さんは、現在18歳。
確か、ばんけいジャズフェスのときは、16歳。
大舞台で見事なドラムを披露していた。

見た目は若いが、見事なドラマー。
最近の東京ツアーでは、ピアノの板橋さんともやっていたらしい。
ファンサイトを見ると、9月24日は奥野義典カルテットで新宿ピットインに出る。
http://plaza.rakuten.co.jp/drumstick/

さて、この日、テナーサックスで参加のB君は、なんと、札幌市内某高校の1年生。
こちらも見た目は確かに若いが、演奏の腕はなかなか。
小学校の頃からやっているとのこと。
4人のSideWalkのメンバーと堂々と張り合う。
http://plaza.rakuten.co.jp/drumstick/diary/200809060000/

札幌のジャズメンが、確実に育っているのを実感。
こうしたライブハウスでの活動の積み重ねが、札幌のジャズシーンをますます面白くしていってくれることだろう。
[PR]
by yoyogi39 | 2008-09-07 23:09 | JAZZよもやま
サッポロシティジャズ    
昨年の盤渓ジャズフェスでも、予告されていたサッポロシティジャズ。
http://yoyogi.exblog.jp/5501389/
今年は、初年度。
あちこちで様々なイベントが催されていますが、メインとなる会場が中島公園の
ホワイトロック
b0001316_94215.jpg

丸い仮設テントということで、反響を吸収するように床に吸音材を入れたり、まわりを暗幕で囲ったりと様々な工夫が施されています。

仮設テントですから、音は外にもれます。
PMF開催期間中からすでに始まっていましたので、キタラのコンサートが終わって外に出るとジャズのリズムが公園に広がっていました。

7月31日(火) 19:30からの
AUSTRALIA SPECIAL JAZZ NIGHTⅡ
に行ってきました。出演者は、
ザ・シャッフルクラブ
アーシュレイ・ガウディオン(sax&vo)
ロッドニー・ギルバート(dr)
ポール・グリスカ(b)
ダニー・ボーン(pf)

編成はオーソドックスなジャズスタイルですが、ブルース、ブギ、ラテン、スウィングと様々な曲を披露。
ボーカルも3人。
サックス、ドラムス、ピアノとメインボーカルが入れ替わり、
ベースもコーラスに加わります。それぞれの歌も抜群。

素晴らしいエンターテイナーの面々でした。
テントの中は、450席のレストラン。
グラス片手に、思いっきりジャズに浸る素敵な空間です。

ドーム状の天井には、様々な模様が映し出されます。
この効果も、ジャズの音をさらに輝かしくしてくれます。

「サッポロシティジャズ」HP
http://www.sapporo-cityjazz.com/index.html
[PR]
by yoyogi39 | 2007-08-01 08:44 | JAZZよもやま
サッポロ・シティ・ジャズ構想    
b0001316_1751432.jpg7月23日の札幌市役所
駐車場におけるプレイベントに続き、

8月6日には、
「ばんけいジャズフェスティバル」
(ばんけいスキー場)、
7日には
「SAPPORO JAZZ FOREST 2006」
(札幌芸術の森野外ステージ)
が開催された。

b0001316_17649.jpg

ばんけいジャズフェスティバルのステージに登壇した上田札幌市長は「来年は、PMFの終わった札幌をジャズで埋める」という挨拶で会場を盛り上げた。

ばんけいジャズフェスティバル プログラムより
 お祝いの言葉 札幌市長
・・・
 さて、既存のジャズフェスティバルやイベントを統合しながら、新しいスタイルのジャズフェスティバルへバージョンアップを図り、ジャズによる新しい街の風景創造を目指す「サッポロ・シティ・ジャズ構想」が、ジャズミュージシャンや異分野のクリエイター、そして市内のジャズフェスティバル実行委員の皆さんによって、現在検討されております。来年からのスタートに向け、先日プレイベントとして、札幌市役所の駐車場でジャズライブを開催したところ、大変な盛り上がりがありました。この構想の実現のためには、札幌ジャズシーンの盛り上がりが不可欠でございます。このような意味からも、「ばんけいジャズフェスティバル」の開催は「サッポロ・シティ・ジャズ構想」の実施につながる確かな動きと受け止めております。・・・


来年から始まる

サッポロ・シティ・ジャズ構想

が楽しみ。
[PR]
by yoyogi39 | 2006-08-17 18:30 | JAZZよもやま
東京Jazz2005のアガツマ    
三味線の上妻宏光が8月にビックサイトで行われた東京Jazz2005に出ていた。
BShiで、たっぷりとテレビで鑑賞。
チック・コリアのスペインに始まり、ホーンセクションを従えてのジャズミュージシャンぶりは、なかなかのもの。
和太鼓が入ってリズムを刻みだすと、三味線のフレーズも冴えてくる。
現在は、三味線一本のツアーを行っていて、明日15日はキタラ小ホールでのコンサートもある。
3年ほど前に「かでる2・7ホール」でアガツマの演奏を聴いた時は、CM曲が流行っていた時期でもあり、パワフルなバンド演奏のほかにソロもしっかり聴かせてくれて、エンターテイメントぶりを発揮していたが、東京Jazz2005のステージを観ると、さらに貫禄がついたように感じる。
[PR]
by yoyogi39 | 2005-09-14 07:15 | JAZZよもやま
山下洋輔「ジャズマン忠臣蔵」    
山下洋輔「ジャズマン忠臣蔵」を語る

1月16日(日)、思う存分、楽しませていただきました。

ジャズで忠臣蔵・・・
日本人なら誰でも知っている話をジャズで表現すると、どうなるか・・・

講釈、薀蓄(うんちく)など、色々と語りたくなってしまう背景もありますが、
とにかく理屈抜きで楽しめました。

梅津和時、片山広明によるサックス対決。
この「楽器で会話」は、「松の廊下」の再現。
無茶苦茶に面白い!
両者とも、もの凄いテクニック。

YUKARIE(ゆかり)が、赤い和服風の姿で登場。
ステージ狭しと、サックスを吹く。
これがまた、かっこいい~!
思わず、「すてき~!」と叫びたくなる。
一力茶屋の「お軽」なのだそう。

金子飛鳥とのバイオリンvsサックスの対決も、見ごたえ充分。
編曲・指揮はトロンボーンの松本治。

切腹のシーンでは、ジャズバンドによる辞世の和歌。
トロンボーンで「介錯」するシーンなどは、「そうきたかぁ」。

忠臣蔵とジャズの組み合わせの面白さも、がっちり手ごたえ。
極めて良質なエンターテイメントに脱帽。

最後は、構成担当の筒井康隆氏が客席より登場。
会場を沸かせてくれました。
[PR]
by yoyogi39 | 2005-01-25 07:46 | JAZZよもやま