My best choice of miraculous world!
Top

 ●Twitter ●myみん検
 ●My roots ●読んだ4!
 ●ブクログ

カテゴリ
音楽よもやま
じゃあ、読もう。
オーケストラよもやま
ホールよもやま
オペラよもやま
チーズよもやま
武満徹よもやま
ウディ・アレンよもやま
つれづれによもやま
ARTよもやま
PMFよもやま
デジタルよもやま
Rock&POPSよもやま
JAZZよもやま
Japaneseよもやま
ベルクよもやま
KOREAよもやま
お宝よもやま
以前の記事
Links
PMF
mapion代々木周辺
Yahoo transit
Area Guide
参宮橋ガイド
代々木上原BLOG

My Favorite LINKS

■Symphony ■Orchestra
N響 | 都響東響 |
東フィル日フィル |
読響 | 新日フィル |
シティフィル |
ニューシティO |
神奈川フィル | 群響 |
札響 | 山響 |
仙台フィル | OEK |
NP千葉 |
アマオケ=フロイデ |
■Hall
オペラシティ(初台)
新国立劇場(初台)
NHK Hall(渋谷)
オーチャードHall(渋谷)
Hakuju Hall(富ヶ谷)
MUSICASA(代々木上原)
新宿文化C(新宿)
サントリーHall(六本木)
すみだトリフォニーH(錦糸町)
東京文化会館(上野)
東京芸術劇場(池袋)
トッパン Hall(文京区水道)
フィリア Hall(青葉台)
文京シビックHall(後楽園)
ティアラこうとう(住吉)
東京国際フォーラム(有楽町)
昭和女子大人見記念講堂(三軒茶屋)
みなとみらい Hall(横浜)
シンフォニーヒルズ(葛飾)
王子Hall(銀座)
紀尾井Hall(紀尾井)
浜離宮朝日Hall(築地)
北とぴあ(王子)
第一生命ホール(勝どき橋)
中野ZERO(中野)
目黒パーシモンHall(都立大学駅)
松本記念館(世田谷)
ミューザKawasaki(川崎)
杉並公会堂(杉並)
神奈川県民ホール(日本大通駅)
神奈川県立音楽堂(桜木町)
キタラ(札幌)
びわ湖ホール(滋賀県大津)
石川県立音楽堂(金沢)
ザ・シンフォニーホール(大阪)
Music    Infomation
コンサートガイド |
チケットぴあ
All About [クラシック]|

Jazz Live Spot
ピットイン(新宿)|
シグナス(銀座)|
アケタの店(西荻窪)|

その他
二期会 |
歌舞伎座 |
日本芸術文化振興会 |
goo 映画<渋谷> |
<新宿> |

お仲間blog
ロ-ドレ-シャ-に乗りたい!
「だがっき」と「おと」の庵
バイオリン弾き語り
おもろいかみさま
onsentomato

未来検索Livedoor
2004年 11月 17日 ( 1 )    
伊福部昭「交響譚詩」    
1984年2月21日のシンフォニア・タプカーラ

b0001316_1229447.jpgキングから出ているレコードは、「シンフォニア・タプカーラ」と「オホーツクの海」のみ収録です。
残念ながら「交響譚詩」は入っていません。CDの方には収録されていたんですね。
この日の演奏について、黛敏郎氏が解説に書いています。


 このレコードのもととなった昭和59年2月21日、簡易保険ホールにおけるコンサートの劈頭、手塚幸紀氏の指揮による東京交響楽団の「交響譚詩」の最初のパッセージが流れ始めたとき、不覚にも私は、涙が滂沱と頬を伝って流れるのを禁じ得なかった。
 かつてこの曲を初めて聴いた30数年前の若き日への追慕の涙であったかも知れない。しかしそれ以上に、あの音楽の持つ、人間存在の根源から揺さぶり起こすような、不思議な力とエネルギーに、眠っていた魂が呼び覚まされ、それが思わず涙となって噴出したのである。
 こんな現代音楽が、他に果して存在するだろうか!私も死ぬまでにただの1ページでも良い、こんな音楽が書けたらなあ、作曲家冥利に尽きるだろうにと、つくづく思ったのである。

黛敏郎「伊福部先生の人と作品」(同レコード解説書より)

[PR]
by yoyogi39 | 2004-11-17 12:49 | 音楽よもやま