My best choice of miraculous world!
Top

 ●Twitter ●myみん検
 ●My roots ●読んだ4!
 ●ブクログ

カテゴリ
音楽よもやま
じゃあ、読もう。
オーケストラよもやま
ホールよもやま
オペラよもやま
チーズよもやま
武満徹よもやま
ウディ・アレンよもやま
つれづれによもやま
ARTよもやま
PMFよもやま
デジタルよもやま
Rock&POPSよもやま
JAZZよもやま
Japaneseよもやま
ベルクよもやま
KOREAよもやま
お宝よもやま
以前の記事
Links
PMF
mapion代々木周辺
Yahoo transit
Area Guide
参宮橋ガイド
代々木上原BLOG

My Favorite LINKS

■Symphony ■Orchestra
N響 | 都響東響 |
東フィル日フィル |
読響 | 新日フィル |
シティフィル |
ニューシティO |
神奈川フィル | 群響 |
札響 | 山響 |
仙台フィル | OEK |
NP千葉 |
アマオケ=フロイデ |
■Hall
オペラシティ(初台)
新国立劇場(初台)
NHK Hall(渋谷)
オーチャードHall(渋谷)
Hakuju Hall(富ヶ谷)
MUSICASA(代々木上原)
新宿文化C(新宿)
サントリーHall(六本木)
すみだトリフォニーH(錦糸町)
東京文化会館(上野)
東京芸術劇場(池袋)
トッパン Hall(文京区水道)
フィリア Hall(青葉台)
文京シビックHall(後楽園)
ティアラこうとう(住吉)
東京国際フォーラム(有楽町)
昭和女子大人見記念講堂(三軒茶屋)
みなとみらい Hall(横浜)
シンフォニーヒルズ(葛飾)
王子Hall(銀座)
紀尾井Hall(紀尾井)
浜離宮朝日Hall(築地)
北とぴあ(王子)
第一生命ホール(勝どき橋)
中野ZERO(中野)
目黒パーシモンHall(都立大学駅)
松本記念館(世田谷)
ミューザKawasaki(川崎)
杉並公会堂(杉並)
神奈川県民ホール(日本大通駅)
神奈川県立音楽堂(桜木町)
キタラ(札幌)
びわ湖ホール(滋賀県大津)
石川県立音楽堂(金沢)
ザ・シンフォニーホール(大阪)
Music    Infomation
コンサートガイド |
チケットぴあ
All About [クラシック]|

Jazz Live Spot
ピットイン(新宿)|
シグナス(銀座)|
アケタの店(西荻窪)|

その他
二期会 |
歌舞伎座 |
日本芸術文化振興会 |
goo 映画<渋谷> |
<新宿> |

お仲間blog
ロ-ドレ-シャ-に乗りたい!
「だがっき」と「おと」の庵
バイオリン弾き語り
おもろいかみさま
onsentomato

未来検索Livedoor
腹話術効果    
サンタパパさんの「カクテルパーティ効果 Cocktail party effect」を読んで思い出しました。
昨年、「コミュニケーション心理学特講」のレポートを書くために色々と調べました。
目の錯覚は色々ありますが、聴覚と視覚を組み合わせた錯覚の例です。
レポートの一部分です。

「視覚と聴覚の相互作用」

 私たちは耳だけで音を聞いているのではなく、視覚と組み合わせて音を判断している場合がある。口の動きの情報を使って、音を聞き取る「マガーク効果」と呼ばれる実験がある。実際の音声である聴覚情報と、唇の動きの視覚情報を矛盾した形で映像を再生すると、実際の音が別の音に聞こえてしまうという現象が起こる。個人差はあるものの「b」の音に対して「g」の口の動きを組み合わせて見せると、「d」のように聞こえる。

 また、腹話術を見る場合に、熟練した演者の技によって実際は腹話術師の口元から発せられる音声が、あたかも人形が話しているように感じられる錯覚を腹話術効果という。同時に複数の人間が話している場合でも、目的の相手に注目し意識を集中することによって、選別して聞き取ることができるのは視覚と聴覚の相互作用によるものである。

 これらは典型的な視覚優位の効果である。しかしながら聴覚が視覚に影響を与える例もまれに見られる。Manabe & Riquimaroux(2000)は、聴覚による刺激が視覚の知覚に影響を与える現象を報告している。光点を順次点滅していくと光が移動しているように見え、動いてない画像があたかも動いているかのように見える「仮現運動」が知覚される。光の動きに応じて短い音を提示すると光点の動きの速さが、音を提示しない場合や相対的に長い音を提示した場合に比べて、より速く知覚されることが確認された。現時点では、どのようなメカニズムによって聴覚刺激が視覚の速さ知覚に影響するのかは明らかにされていないが、この報告は聴覚が視覚に影響を与える新たな証拠となる。

参考文献
深田博己 1998 インターパーソナル・コミュニケーション 北大路書房
深田博己(編著)  1999 コミュケーション心理学 北大路書房
兼高聖雄 1994 コミュニケーションとはなにか 大田信男(他) コミュニケーション学入門 大修館書店 3-20.
Mababe, K., and Riquimaroux, H. 2000. Sound controls velocity perception of visual appararent motion. The Journal of the Acoustical Society of Japan (E), 21(3), 171-174.
山田恒夫・足立隆弘・ATR人間情報通信研究所 1998 英語リスニング科学的上達法 講談社
[PR]
by yoyogi39 | 2004-10-24 02:25 | つれづれによもやま
<< 休日の朝は"Love... マティス展行ってきました >>