My best choice of miraculous world!
Top

 ●Twitter ●myみん検
 ●My roots ●読んだ4!
 ●ブクログ

カテゴリ
音楽よもやま
じゃあ、読もう。
オーケストラよもやま
ホールよもやま
オペラよもやま
チーズよもやま
武満徹よもやま
ウディ・アレンよもやま
つれづれによもやま
ARTよもやま
PMFよもやま
デジタルよもやま
Rock&POPSよもやま
JAZZよもやま
Japaneseよもやま
ベルクよもやま
KOREAよもやま
お宝よもやま
以前の記事
Links
PMF
mapion代々木周辺
Yahoo transit
Area Guide
参宮橋ガイド
代々木上原BLOG

My Favorite LINKS

■Symphony ■Orchestra
N響 | 都響東響 |
東フィル日フィル |
読響 | 新日フィル |
シティフィル |
ニューシティO |
神奈川フィル | 群響 |
札響 | 山響 |
仙台フィル | OEK |
NP千葉 |
アマオケ=フロイデ |
■Hall
オペラシティ(初台)
新国立劇場(初台)
NHK Hall(渋谷)
オーチャードHall(渋谷)
Hakuju Hall(富ヶ谷)
MUSICASA(代々木上原)
新宿文化C(新宿)
サントリーHall(六本木)
すみだトリフォニーH(錦糸町)
東京文化会館(上野)
東京芸術劇場(池袋)
トッパン Hall(文京区水道)
フィリア Hall(青葉台)
文京シビックHall(後楽園)
ティアラこうとう(住吉)
東京国際フォーラム(有楽町)
昭和女子大人見記念講堂(三軒茶屋)
みなとみらい Hall(横浜)
シンフォニーヒルズ(葛飾)
王子Hall(銀座)
紀尾井Hall(紀尾井)
浜離宮朝日Hall(築地)
北とぴあ(王子)
第一生命ホール(勝どき橋)
中野ZERO(中野)
目黒パーシモンHall(都立大学駅)
松本記念館(世田谷)
ミューザKawasaki(川崎)
杉並公会堂(杉並)
神奈川県民ホール(日本大通駅)
神奈川県立音楽堂(桜木町)
キタラ(札幌)
びわ湖ホール(滋賀県大津)
石川県立音楽堂(金沢)
ザ・シンフォニーホール(大阪)
Music    Infomation
コンサートガイド |
チケットぴあ
All About [クラシック]|

Jazz Live Spot
ピットイン(新宿)|
シグナス(銀座)|
アケタの店(西荻窪)|

その他
二期会 |
歌舞伎座 |
日本芸術文化振興会 |
goo 映画<渋谷> |
<新宿> |

お仲間blog
ロ-ドレ-シャ-に乗りたい!
「だがっき」と「おと」の庵
バイオリン弾き語り
おもろいかみさま
onsentomato

未来検索Livedoor
イエス/シンフォニック・ライブ    
b0001316_21223510.jpgロンドン・フィルなどをバックにアラン・パーソンズが
プロデュースしたシンフォニック・イエス(1993年発売)は、
お気に入りのアルバムで、よく聴いている。
http://yoyogi.exblog.jp/2158145

b0001316_21304379.jpg2007年12月のソウル一人旅のとき、
ミョンドンの地下街の激安ワゴンの中から見つけた
イエスの「シンフォニック・ライブ」のDVD、
韓国版なので、日本版とパッケージが違い、
メニューもハングルだったりするが、内容は一緒。
イエス(yes)のプロモ映像やライブ映像は、You-tubeに懐かしいものがあがっているが、
iTunes storeには良質の最近のライブ映像が30個近くあり、いずれも300円。
「Ritual」は25:53とたっぷり楽しめて、お買い得。
最近のメンバーの様子を見ると、いずれもご高齢になっているなぁ・・と感じる。
昨年からツアーも無理らしく、こうした映像は、次第に歴史的になっていくのだろう。

さて、こちらのDVDは、
2001年のアムステルダム公演を収録したもの。

ジョン・アンダーソン、スティーヴ・ハウ、クリス・スクワイア、アラン・ホワイト
のオリジナルメンバーに、キーボードがゲストのトム・ブリズリン。

キーボードのTom BRISLIN(トム・ブリズリン)は、
トニー・ケイ、リック・ウェイクマン、パトリック・モラーツなど歴代キーボードの
フレーズを忠実に再現し、映像的にもなかなかのパフォーマンスを見せてくれて、
とってもいい。

やはり、このライブは、オケのパフォーマンスが見もの。
メンバーの演奏に、弦や管やパーカッションなどのオケの演奏シーンが加わって、
映像的にも、見応え充分。

シンフォニック・イエスのCDは、オケ版の色が強いアレンジだったが、
こちらはメンバーの演奏を軸に、オケがさらに音の幅を広げてくれる。

もともとイエスの楽曲は、ロックアンサンブルの枠を超えたサウンド創りをしているが、
メンバーだけの演奏曲になると、シンプルに聴こえてしまうくらい、
オケの味付けが重厚ではまっている。

いずれの曲も、とてもゴージャスなサウンド。

01. Overture
02. Close To The Edge
03. Long Distance Runaround
04. Don't Go
05. In The Presence Of
06. Gates Of Delirium
07. Steve Howe Guitar Solo
  - Lute Concerto in D Major / 2nd Movement - Mood For A Day
08. Starship Trooper
09. Magnification
10. And You And I
11. Ritual
12. I've Seen All Good People
13. Owner of a Lonely Heart
14. Roundabout

と、大曲もたっぷり入って、全部で2時間47分。

ちなみに、アムステルダムのオーケストラは、若い女性が多く、
ノリノリの演奏が、素敵。

最後のラウンド・アバウトでは、オケのメンバーがステージ上で踊る。
演奏するおじさん達に比べ、オケの若い娘たちが眩しい!!

若いオケメンバーが、サウンドに彩りを添え、映像もリッチ。
[PR]
by yoyogi39 | 2009-10-22 22:17 | Rock&POPSよもやま
<< モーゼとアロン ビートルズ、リマスター >>