My best choice of miraculous world!
Top

 ●Twitter ●myみん検
 ●My roots ●読んだ4!
 ●ブクログ

カテゴリ
音楽よもやま
じゃあ、読もう。
オーケストラよもやま
ホールよもやま
オペラよもやま
チーズよもやま
武満徹よもやま
ウディ・アレンよもやま
つれづれによもやま
ARTよもやま
PMFよもやま
デジタルよもやま
Rock&POPSよもやま
JAZZよもやま
Japaneseよもやま
ベルクよもやま
KOREAよもやま
お宝よもやま
以前の記事
Links
PMF
mapion代々木周辺
Yahoo transit
Area Guide
参宮橋ガイド
代々木上原BLOG

My Favorite LINKS

■Symphony ■Orchestra
N響 | 都響東響 |
東フィル日フィル |
読響 | 新日フィル |
シティフィル |
ニューシティO |
神奈川フィル | 群響 |
札響 | 山響 |
仙台フィル | OEK |
NP千葉 |
アマオケ=フロイデ |
■Hall
オペラシティ(初台)
新国立劇場(初台)
NHK Hall(渋谷)
オーチャードHall(渋谷)
Hakuju Hall(富ヶ谷)
MUSICASA(代々木上原)
新宿文化C(新宿)
サントリーHall(六本木)
すみだトリフォニーH(錦糸町)
東京文化会館(上野)
東京芸術劇場(池袋)
トッパン Hall(文京区水道)
フィリア Hall(青葉台)
文京シビックHall(後楽園)
ティアラこうとう(住吉)
東京国際フォーラム(有楽町)
昭和女子大人見記念講堂(三軒茶屋)
みなとみらい Hall(横浜)
シンフォニーヒルズ(葛飾)
王子Hall(銀座)
紀尾井Hall(紀尾井)
浜離宮朝日Hall(築地)
北とぴあ(王子)
第一生命ホール(勝どき橋)
中野ZERO(中野)
目黒パーシモンHall(都立大学駅)
松本記念館(世田谷)
ミューザKawasaki(川崎)
杉並公会堂(杉並)
神奈川県民ホール(日本大通駅)
神奈川県立音楽堂(桜木町)
キタラ(札幌)
びわ湖ホール(滋賀県大津)
石川県立音楽堂(金沢)
ザ・シンフォニーホール(大阪)
Music    Infomation
コンサートガイド |
チケットぴあ
All About [クラシック]|

Jazz Live Spot
ピットイン(新宿)|
シグナス(銀座)|
アケタの店(西荻窪)|

その他
二期会 |
歌舞伎座 |
日本芸術文化振興会 |
goo 映画<渋谷> |
<新宿> |

お仲間blog
ロ-ドレ-シャ-に乗りたい!
「だがっき」と「おと」の庵
バイオリン弾き語り
おもろいかみさま
onsentomato

未来検索Livedoor
伊福部昭 音楽家の誕生    
b0001316_046720.jpg伊福部昭 音楽家の誕生

木部 与巴仁 (きべよはに) 著
412ページ 新潮社 (1997/05)

釧路町幣舞に生まれ、少年時代を音更村で過ごし、多感な青春時代を札幌で送った伊福部昭の生涯を描く。
興味深いのは、札幌時代の早坂文雄との関係。
伊福部は、北大の学生オケ(文武会管絃楽部)ではコンマスを努めたほどのバイオリンの腕前。
この頃には、兄・勲のためにギター曲を書いている。

札幌市内はあちこちで暮らしたが、一番長かったのは南十三条西十三丁目の家とのこと。
伊福部が住んでいた頃の札幌の描写が見事で当時の様子が目に浮かんでくるようだ。

1930年代の札幌を代表する名曲喫茶「ネヴォ(NEVO)」。
北二条西三丁目の時計台のすぐ近くにあった。
ここで、様々な新しい音楽を耳にする。
ストラヴィンスキーやドビュッシーの「ペレアスとメリザンド」など。
壁には小林多喜二の色紙がかかっていた。

札幌市中央図書館で、調べてみると、NEVOはプロレタリアート関係者が集まる場所だった。(札幌資料室 『ネヴオの記』1930年代・札幌-文化運動の回想 佐藤八郎/著)

厚岸時代の林務官としての仕事、チェレプニン賞の受賞のいきさつや、チェレプニンからの横浜での直接指導など詳しく書かれている。
1934年にチェレプニンが札幌グランドホテルに滞在、札幌二中や藤高等女学校でもノーギャラで演奏会をやったことや、札幌滞在に接した人々のことなど・・・・

やはり北海道出身の作曲家ということで、読んでいて興味は尽きない。
[PR]
by yoyogi39 | 2009-02-01 00:48 | 音楽よもやま
<< 音楽と映像の交響 ウディ・アレンの浮気を終わらせ... >>